COMMON 季節のジン 薄荷 16058

5,000円(税込5,500円)

購入数

絶滅したと記録されていた品種がまだあることを偶然発見し、10年かけて復活。原料として使えるまでに育てました。と、北海道紋別郡滝上町の自社農場で在来和種はっか「赤丸薄荷」を栽培するりんねしゃさん。今回その赤丸薄荷をジンのボタニカルとして使わせてもらおうと思ったのは、やっぱりその香りです。初めてその香りに出会った時、ハッカ特有の爽やかさはもちろんですが、深くて甘い香りが鼻腔の奥まで広がり、すっきり心地よい気持ちにさせてくれたのを憶えています。お店でも好評をいただいておりますが、飲み方のオススメとして、ジントニックが良さそうです。

蒸留器:銅製ポットスチル

ベーススピリッツ:嶋自慢羽伏浦(新島蒸留所)

度数調整割水:奥多摩源流の沢井湧き水(澤乃井仕込水)

ボタニカル:赤丸薄荷、ジュニパーベリー、チコリルート

生産本数:340本

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。