セブ チピート 18180

7,480円(税込)

購入数

アガベは6〜7年物のエスパディンを使用。 他にはない穏やかなスモーキーさは、タテマド(火入れ)の設備の下にトンネルがあり加熱の為の木が炭化しすぎないように入れ替えているそうです。 またGuilleroさんのCebúへのこだわりは非常に強く、造っている過程でセブの味として納得がいかない場合他のメスカルへ転用するほどだそうです。 Cebúは、メキシコはもちろんアメリカや中南米、ヨーロッパ、日本など世界各国で展示されている絵画を中心としたアート作品を創作するメキシコ出身のアーティストGuillero Olguín の手掛けたボトルデザインで、オアハカのLos Amantes蒸留所と共同でつくられた新しいブランドです。 CHIPITOとはメキシコの伝統的な薬草の事で、蒸留の際に漬けて一緒に蒸留して風味を加えています。 ブランド名のCebú (セブ)とはコブウシのことで、もともとオアハカにあるGuilleroさんの自宅兼アトリエで家畜として育てていたコブウシと、自宅に咲く花からインスパイアされて描いた一枚の絵が、ボトルデザインになりました。 ちなみに、あまりに大きく育ち過ぎたそうで…現在モデルになった牛は、メスカルがつくられるLos Amantesの蒸留所の広い敷地で大切に育てられています。 そして、Cebú をつくる時だけタオナを馬ではなくこのコブウシがひいているそうです。

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。